• k-06
  • k-06
  • k-06

貝殻島産棹前昆布

ただ今、貝殻島産棹前昆布は令和3年産です。

新潟の人は「昆布巻には貝殻島産棹前昆布じゃないと」
と、昆布巻の昆布にはこだわりがあるそうです。

当店ではもちろん、昆布巻用として
この貝殻島産棹前昆布の一等検をおススメします。

新潟では、鮭か身欠にしんのご家庭が多いようです。
一緒にごぼうや人参を入れることもあります。

魚が苦手、というご家庭では、
豚肉や牛肉を巻きます。

どんな具も昆布は包んでくれて、
美味しくしてくれます。

ぜひ、こだわりの昆布巻を作ってみませんか。

ご家庭の味を、おうち時間にぜひコトコトと
煮ている時間も楽しんで。

昆布巻は、下ごしらえの準備に少し
手間がかかります。
ご家族みんなで巻き巻きしたら、
恒例行事のようなイベントに、いかがでしょうか。

昆布巻の作り方もぜひご参考に、
ご自身の味、
ご家庭の味を作ってみてください。


お客様の声[神奈川県/H様]

こんにちは。
先だっていただきました昆布只今昆布巻き作成中です。

数日前に少し切って水に戻して見ました。

とてもいい感じでしたので、全部昆布巻きにしました。

出来たらまたお知らせします。お礼まで

—————

おかげさまで今年の昆布巻きは最高でした。

次回は義姉にも勧めたいなあと思います。

鹿児島ではサバを使ってましたが、ここ数年ブリを巻いてます。
昆布巻の具はブリ!(お客様写真)

昆布一本を3本に切りました。

昆布巻のしばり方はそれぞれで
縛るのに縫い糸を使ってます。

若林さまにも食べていただきたいくらいでした

レシピというほどではありませんが、砂糖と醤油でコトコト煮てます。
昆布巻(お客様写真)

昆布が良かったので上手に出来ました。

昆布巻(お客様写真)
ありがとうございました。


昆布巻講座で昆布巻を作る

柏崎市内の年頭屋茶舗さまにて、
「乾物の食文化 昆布巻き」講座を行いました。

昆布巻講座の様子

初めて巻いた人、
いつもは違う巻き方をしている人、
受講生の皆さま同士の情報交換がとても良いです。

巻くだけの講座です。
煮る工程はおうちに帰ってからそれぞれで
行っていただきます。

レシピの調味料の分量で作った昆布巻を
試食していただきますので、
その味付けよりも甘いほうが良かったら、
甘味を足していただいて・・・、と調整してください。

巻くだけの講座ですので、テーブルがあれば、
どこでもできます。
昆布やかんぴょうなどはこちらで用意していきますので、
体験したいという方は4名様以上でご相談にのります。

乾物屋の今井商店

  • 原材料 : 昆布(北海道貝殻島産)
  • 保存方法 : 陽が当たらない、乾燥したところで保存

180g注文番号-18

販売価格
¥1,000
在庫状態
在庫有り
数量

500g注文番号-50

販売価格
¥2,750
在庫状態
在庫有り
数量

You may also like


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jfrntr03/kanbutuya-imai.com/public_html/wp/wp-content/themes/welcart_petitgarden/functions.php on line 133