• k-11
  • k-11
  • k-11

ふのり

ふのりをつなぎにそばを打とう!

ふのりをつなぎにそばを打ってみませんか?

銅鍋でふのりを煮溶かすと緑色になり、ツルツルシコシコの緑色のふのりそばができます。

銅鍋で煮溶かしたふのり

ふのりを銅鍋で煮溶かすと緑色になります。

ソバのつなぎにする場合

1.ふのりをザルに入れ、冷水で洗いごみを流します。

2.ふのり20gあたり、お湯600ccを加え、一晩ひやかしミキサーにかけます。
白い泡状になります。(30倍が目安ですが、煮詰めていくうちに水を足すので、最終的には水の量はもっといります。)

3.中火~弱火でゆっくり煮ます。
ヘラで底からかき回します。底が焦げ付かないように気をつけてください。
へらですくって、ボテッと落ちるくらいに煮詰めたら出来上がりです。
冷えると出来上がったときよりはかたくなりますが、寒天のようにカチッとはならず、プルプルのゼリー状(フルーチェみたいな?)になります。

ミキサーがない場合は、どろどろになるまで煮溶かして、煮詰めてください。
火にかけ始めはぶわ~っとあわ立つようにふくらみますので、必ずそばでかき混ぜながら
煮てください。
しばらくすると、落ち着いてきます。

水分が蒸発して、焦げ付かないように水を加えて煮詰めてください。様子を見ながら煮てください。

ふのりの繊維が分からなくなるほど煮溶かしてください。

思っていたより多く出来てしまいましたら、ビニール袋に入れ冷凍保存してください。
そば粉などの材料があり、すぐに二回目のソバ打ちができるようでしたら、冷蔵保存で。

ふのりを煮溶かすことはなかなかの手間なので、一度に多く作り、小分けにして冷凍保存しておきますと
手軽に手打ちソバが作れます。

煮溶かしたふのりの水分量でそば粉との関係が変化します。

そば粉とふのりの関係

この日のそば粉とふのりの関係です。4人分です。

そば粉300g/ふのり200g/中力粉100g

ここでは、ふのりはつなぎというよりも、水の分という感じです。
中力粉がつなぎで、それの補助という役割。

この分量で水分が足りないと感じた場合は、水を少し足してください。

煮溶かしたふのりは、冷えるとプルプルになります。その状態のふのりを手でのばしながら、そば粉になじませていきます。

こねて丸めたそばの生地

手順どおりにそばを打ちます。

そばをのばす

熟練したそば打ちの方はいとも簡単にここまできます。

そば完成。あとはゆでるだけ

キレイに揃った幅に切られたそばです。

ぜひ、挑戦してみてください。ふのりをつなぎにしたそばはつるっとしこしこの食感です。

おみそ汁の具にする場合

1.冷水でよく洗い、おみそ汁が出来上がる直前に鍋に入れます。

  • 保存方法 : 直射日光を避け、乾燥した所。
    煮溶かしたあと残った場合は、冷凍保存可
  • 原材料 : ふのり(北海道産)

16g注文番号-16

販売価格
¥400
在庫状態
在庫有り
数量

100g注文番号-100

販売価格
¥2,000
在庫状態
在庫有り
数量

You may also like


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jfrntr03/kanbutuya-imai.com/public_html/wp/wp-content/themes/welcart_petitgarden/functions.php on line 133
k-46
¥450