「乾物」「干物」を毎日の食卓に、そして大好きなあの人へ〜★乾物レシピも随時更新中♪

乾物屋の今井商店です

電話・FAXでの
ご注文、お問合せは

電話0257(23)0211 FAX0257(23)0212

平日は9時から18時まで
定休日は日曜・祝祭日です


笠島産えごの作り方

☆材料☆

えご草:50g

水:1000cc
(基本的にえご草の20倍ですが、黒えごの場合は気持ち少なめにしてみてください)

からし醤油か酢味噌:適量

☆作り方☆
1 えご草を15分くらい水につける。
やわらかくなったら割り箸で枝のようなゴミを取る。
22〜3回水を替えながら、えご草を洗う。
3えご草をしぼって、分量の水を入れた鍋に入れる。
4中火にかける。ふつふつしてきたら弱めの中火にする。
5木べらで底のほうからかき混ぜながら40分ほど練る。
煮ながら、浮いてきたゴミ(枝やはっぱなど)を割り箸で取る。
ここできれいに取っておくと、食べたときに口当たりが良くなる。
6かき混ぜたとき底が見えた
木べらを持ち上げてえごを下に落とした時にボタボタ落ちる感じになったら、火を止める。
7流し箱に入れ(お好きな入れ物で結構です)、荒熱をとった後に冷蔵庫に入れて冷やす。
8冷え固まったら、お好きな大きさに切り分けて、 わさび醤油、からし醤油、ポン酢醤油、レモン醤油、 からし味噌、ゆず味噌、甘味噌などお好きな味付けで♪
※よ〜く練ったほうがおいしく出来上がります。
自家製、混ぜ物なし、100%えご草のえごを作ってみて下さい。
煮ている時はとても熱くなっているので、飛びはねに気をつけて下さい。
水にひたしたえご草

1.水にひたしたえご草

水で戻ったえご草を洗い中。上側には茶色い水

2.水で戻ったえご草を洗い中。
上側には茶色い水。
最初はこんな汚いのです…。

調理開始!

3.調理開始!

煮はじめは強めの中火で

4.煮始めは強めの中火で

練っているところです

5.練っているところです

鍋底が見えてきました

6.鍋底が見えてきました!
もうじき完成です

加熱終了!

7.調理終了!
水がずい分少なくなったのでやめてみましたが、少し水を加えてもう少し練ったほうが良かったかも。

流し箱に入れました

8.流し箱に入れました。
空気の泡はつま楊枝等でつついて下さい。
真ん中のあたりの少し色が濃い部分は練るヘラにくっついたえごです。

今回拾ったごみ

9.今回えご練り中に拾った枝などの溶けないものはこのくらいでした。

翌日撮影。黄色いものは和からしです

10.荒熱をとったあと、冷蔵庫にて冷して固めます。
からし醤油や酢味噌でどうぞ。
懐かしい子供の頃の味です。